沿革

ドローン・ジャパン株式会社は、JapanDrones株式会社との協働事業として2021年5月現在で5年間(2016年5月より)ドローンエンジニア人財育成事業ドローンエンジニア養成塾を催行し、ArduPilotエンジニア350名を養成してきました。 

 

両社はドローンオープンソースソフトウェアArduPilotのグローバルリードエンジニアであるランディ・マッケイ氏をヘッドにこれまで養成してきたエンジニア人財とともに、国産ドローン・ローバー(地上走行)・ボートなど自律制御ロボットの開発需要の高まりに応え、グローバル展開も見据えたArduPilotを採用・活用する事業者の「開発・実証支援」する合弁会社「アルデュエックス・ジャパン株式会社」を2021年5月11日に設立しました。

ドローン・ローバー・ボート・サブマリンなど自律制御移動型ロボットにオープンソースを採用し、搬送・点検・監視・調査などの業務で活用する需要が昨今非常に高まっています。

その技術の中核となるArduPilotを採用し開発を担う機体製造事業者・ドローンサービサー・活用事業者向けに、ランディ・マッケイ氏とドローン・ジャパン株式会社が中心となり、これまで「ドローンエンジニア養成塾」を通じ技術習得した秀逸人財とともに開発・実証支援する事業を開始しました。